かれこれ2週間ほど釣りをしていない。
色んな事が重なって久々にこんなに間が空いて、さすがに悶々としてきた。
さぁ、次の休みは雪でも行くぞ!

ということで、もちろんビルドは進めてます。

ブランクの切断とチタンティップの取り付け

元々5フィート8インチ(172.3センチ)あったブランク、AJX5919。
今回は積極的にアクションを多用する「動」のアジングじゃなく、「静」のアジングに寄せたショートレングスへの変更。
このブランクだと、結局はバーサタイルに何でもこなせちゃう気がするけど。

バット部を切断して5フィート1インチ(154.9センチ)に。
カットする部分のコーティングは、面倒だから剥がさなかった。

20170203_001857

そして、チタンとブランクの接合のやり直し。
そのまま引き抜こうとしてもしっかり結合されていて抜けないので、結合部をライターで炙ると簡単に抜ける。
ブランク側とチタン側を微調整して、再度エポキシで接着。
逆さ吊りの刑にして固まったら結合終わり!

20170203_001736_noexif
 
スパイン出したら後はガイドとリールシート取り付けたら完成なんだけど、リールシートがまだ完成してなかった。
カーボンパイプ部にスレッド巻いて、ネーム入れて、コーティングしなければ。

リールシートのデザイン

スケルトンリールシートって、カーボンパイプ部も遊べるから意外と時間がかかってしまう。
まずは、スレッドのピンラインのカラー。
今までは、ワインディングチェックのカラーに合わせて来てたけど、あえて外したカラーのピンラインもカッコいい。
ネーム貼ってしまってるけど、コレはブルーのピンライン。
あまり目立たなくて渋い感じ。

20170204_093441_noexif

この写真だと色がわかりにくいけど、こっちはゴールドのピンライン。
ネームにゴールドの文字が入ってるから、こっちの方がしっくりくる感じ!

20170205_002710_noexif

ゴールド×ブルーのダブルも試してみたけど、ブルーが目立たなすぎていまいちな感じだった。
赤い方のリールシートも、色々試した結果…

20170204_093501_noexif

最終的には両方ともゴールドのピンラインにしてみました。

20170206_135134_noexif
 
20170206_135206_noexif

デザインが決まればあとはコーティングして、硬化するのを待つのみ。

20170206_150240_noexif

20170206_150251_noexif

最近寒いから、硬化不良が心配ですな…
部屋が冷え切らないようにして、しっかりと固まることを祈ります。

それでは、素敵なFishing Lifeを!

ロッドビルドに関するまとめ記事はこちら。
アジングロッドのロッドビルド記事まとめ。迷ってるなら始めてみようロッドビルド。


アジングランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村