少しずつ進めていたリビルドも、終盤までやってきた。

今回のリビルドのテーマカラーは「ベイブリッジ ブルー」。
リールシートのワインディングチェックはブルーメタリックを入れてキレイにおさまったけど、ブランク側のスレッドカラーはどうしようか…。

今までのビルドロッドは、ブラックを基調にしてピンラインでカラーを入れる程度しかやってなかったので、今回は思い切ってブルーをメインに使ってみようか。

DPS スケルトンをブランクに取り付ける

まずは、完成したリールシートをブランクに取り付け。
エポキシをブランク側に塗って、スパインに合わせてリールシートを取り付ける。
エポキシがまんべんなく浸透するように、フィニッシングモーターで回しながら乾かす。
ブランクとリールシート(アーバー)の間に隙間があると、乾かしているうちにリールシートが回ってしまってスパインがズレてしまう可能性があるから、隙間が空かないように調節を。

20170209_221222
 
固まったら、両サイドのワインディングチェックをエポキシで固定する。

20170212_233037

ついでにエンドグリップのワインディングチェックも固定。

20170209_221319

エンドグリップはいつも最後に取り付ける。
ビルドの工程って、人によって違うんだろうなとふと思った。
自分の場合は自己流だから、効率の良い手順は経験で覚えてきた感じ。

ガイドの位置決めと仮止め、スレッド巻き

リールシートが固まったら、ガイドの位置決め。
バットガイドから取り付けるけど、自分はリールフットの中心から50cmを基準にして調整を始めます。
あとはベントカーブを見ながら微調整を繰り返して決める。

今回は集中して作業しすぎて写真撮り忘れてました。

そして、スレッドを巻いて固定していく。
今回はスレッド巻くのにかなり苦戦してしまった…
普段はダルスレッドにピンラインのみメタルスレッドだったから楽ちんだったのかな?
今回はメタルブルーのAスレッドをメインで巻いたので、何かいつもと感覚が違って途中で切れたりほつれたりすることが多かった。
テンションかけ過ぎかな?

20170212_194222

 
20170212_232402

20170212_232734

ブランクとチタンの結合部は、ダブルラッピングにしてます。

20170212_232816

チタン部のスレッド巻きが一番嫌い…
特にピンラインは、調子が良いとサクッと終わるんだけど、上手くいかないと何度もやり直し…

写真だと、メタルブルーもゴールドもわからんね。

何とか全ガイド取り付け完了したので、一回目のコーティングしたらテストできる。
コーティング前の重量は…

20170213_000952

このレングスにしては重いっすね…
幸い、釣友は重さは気にしないと言ってくれているので、甘えさせてもらいます。
DPS CUSTOMのリールシートなら30g台になるな。

それでは今日はここまで。
素敵なFishing Lifeを!


アジングランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村