【ロッドビルド】DPS custom スケルトンリールシートの自作手順 序盤【カーボンロービング】からの続きです。

時間の掛かるフード部とスクリューナットができたので、ここから先は切って削って細かいパーツを作っていく。
では、いってみましょう!

DPS custom 自作手順 ~続き~

 

■目次

 ▶リールフットロック部(リア)の作成
 ▶スクリュー部の作成
 ▶カーボンパイプの切断
 ▶完成までもう一息。この時点での重さは?

■リールフットロック部(リア)の作成

リールフットロック部(リア)を作成する。
まずは、DPSリールシートに付いているフード部を外すところから。
これ、意外と強引に取ってるんだけど、もっと簡単に取れる方法はあるのかな?

まずは、カッターの刃を入れて、こじって隙間を空けていく。
ただしこの方法、カッターの刃がダメになるので、新しい刃でやるのはおすすめしません。

20170306_205342

ある程度隙間が空いてきたら、刃の背中側を入れて更にこじる。
ヒートガンで少し暖めてこじると取れやすい気がする…

20170306_205729

20170306_205804

無事外せたら、フットロック部(カーボンロービングしたモノ)と面一になる長さでカット。

20170310_214759

20170310_215147

切断面は耐水ペーパーでキレイにする。
研磨することも想定して、少し長めにカットした方が良い。

20170310_220338

研磨が終わったら、カーボンロービングしたフードをはめ込む。
結構キツいので、コーティングを傷つけないように気をつけながら力ずくではめ込む。

20170310_231825

これでリアのフットロック部は完成。


目次にもどる

■スクリュー部の作成

続いてスクリュー部の作成。
締め込んだときにどの位置で止めたいかを決めて、マスキングテープで印を付けたらカット!
スクリュー部は凸凹してるからまっすぐカットするのが難しい…

20170310_222213

20170310_223757

カットしたら耐水ペーパーで切断面をフラットにして完成。

20170310_225407


目次にもどる

■カーボンパイプの切断

切断前のカーボンパイプに、これまでに作成したスクリュー部とSDナット、リアフットロック部をはめて、合わせたいリールを付けてカーボンパイプの長さを決める。

20170310_222436

目安箇所にマスキングテープでマークを付ける。

20170310_222640

あとはカーボンパイプを切断!
パイプ自体が傷つかないように、マスキングテープで養生するのを忘れないように。

20170310_225610

20170310_230029

切断したら耐水ペーパーで切断面をフラットにして完了。


目次にもどる

■完成までもう一息。この時点での重さは?

あとはグリップ感向上のために、EVAを削って形成。
電動ドリルにセットして、耐水ペーパーを当てて気に入った形に整えるだけ。

20170309_180156

個人的には15mm位の長さがお気に入り。
もう気持ち短くても良いかも。

20170309_180229

さて、ここまで作成したパーツ類の重さは…

20170310_231523

ピッタリ10g。
んー…更に軽量化するには、特に必要の無いこのアタッチメント(リアのフットロック部にはめたヤツ)を無くすことかな?

20170310_233247

そしたら余裕を持って10gクリアできる。


目次にもどる

まだまとまらないデザイン


このままいくと、ワインディングチェックを足して重さは12g位になるかな?
これでも不満は無いけど、外見との兼ね合いで決めることにしようかな。

あとはワインディングチェックをどうするか… 遊びロットではとことん遊んでやろうと思って色々試してみてますが…

20170311_000519

20170311_000545

20170311_000442

デザインがまだまとまらないから、今回はここまで!
それでは、素敵なFishing Lifeを!


アジングランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村