20170507_002953

いつの間にか、ブログをはじめて1年が過ぎていました。
ただ、速攻心が折れて更新していない期間があったりしたので、自分の中では本格的にはじめたのは去年の8月頃だと思ってます(笑)
Googleアナリティクスやコンソールを入れてアクセス解析をし始めたのもその頃だし。

最近ではアジングやロッドビルドの記事ばっかりの釣りブログになってますが、やっぱり好きなことを書かないと長続きしないもんだなと実感しました。
あとは、目的が無いと単なる「面倒くさいモノ」になってしまう。

今日は、いつの間にかブログの中心になっているロッドビルドについて自分なりの考えを書いてみる事にした。

自分のロッドビルド歴は…2年?3年?くらいかな?
あんまりはっきり覚えてない(笑)
だから、ブログで残して備忘録にしようと思ったのもブログをはじめたきっかけの1つ。

はじめて買ったブランクは、マグナムクラフトのLGS5917で、リビルドを繰り返して今でもスタメンで使っている。
だいぶへタってきているけどね…

自分はアジングロッドしか作ったことがありません。
経験も知識もスキルも、初心者に毛が生えた程度です。
組んだことのあるブランクの種類なんて数えるほどで、蘊蓄を語れるほど知識なんてありません。

でも、自分なりに信念を持ってロッドビルドを楽しんでいます。
そう、所詮自己満足の世界だと思っているので、自己の満足を満たすことを第一に楽しんでます。
だから、「自分の感覚と他者の感覚が違っていて当然だ」という前提で楽しんでいます。

20170507_002849

いつも言っていることだけど、アジングロッドのロッドビルドを始めるに当たって一番大事なことはコンセプトだと思うんです。
「どんなロッドにしたいか」というのが、 自分の中でしっかりと固まっていて、それに向かって作り上げていく。それがロッドビルドの醍醐味だと思ってます。

「操作感度」「反響感度」「軽さ」「バランス」「取り回しやすさ」「持ち運びやすさ」「ビジュアル」「汎用性」などなど、ビルダーの数だけ求めるものも違ってくるし、人間感度もスキルも人の数だけ違うわけだから、「今の自分にとっての最高のロッド」だからと言って、他者にとっても最高とは限らない。
1年前に作った「自分にとって最高のロッド」だと思っていたものが、今の自分にとって最高であるとも限らない。

20170507_002713

だから、他のビルダーの方々の作るロッドや技術、センスから学ぶものはホントにたくさんあるけれど、否定するようなことは1つも無いし、自分に合うか合わないかで取捨選択すれば良いと思っています。
「あれは今の自分には合わないな。でも、これは自分には無かったアイデアだ。すげーな。やってみよう」
っていう感じ。
その時に「合わない」と思っていた事も、時間と経験を重ねると共感出きるようになっていることもあるしね。

20170507_003334

自分にとって一番難しいのが、「他者のロッドを作る」こと。
アジングスキルも違えば好みも違う。
言葉で表現しようにもなかなか難しい「感覚」を形にするわけだから。
そんな「自分で感じ取ることが出来ない感覚」をロッドで表現するのはとても難しい。
だから、遠慮なく問題点や訂正個所をしっかりと伝えてくれると素直に嬉しいし、そのロッドを使って「これ、良いよ!」と言ってもらえた日には、喜びもハンパないです。

妥協からは良いモノは生まれないから、「もうちょっとココをこうして欲しい」なんて言われたら、ビルド熱がどんどん上がっちゃいます。
ロッドテストで初めてロッドを手渡したときは、感想を聞くまでは内心ドキドキです…

ロッドビルドを始める前とは、アジングに対する考え方も求めるモノも明らかに変わって、市販品を使ってるときには考えもしなかった部分にこだわりを持つようになったり、状況に応じた楽しみ方をより深く求めるようになった。
間違いないのは、ロッドビルドはアジングの楽しさを何倍にも大きくしてくれて最高に楽しいということ。
ビルドをはじめるきっかけをくれた釣友、沢山の情報を残してくれている先人のビルダーさん達には改めて感謝の気持ちでいっぱいです。 

これからも、自分のスキルと感覚とセンスで、自分が最高に楽しめるロッドを作り、自己満の世界に浸ります。
そして、それが誰かのロッドビルドを始めるきっかけになったり、アジングを更に楽しめるきっかけになったりすれば良いなと思ってます。

それでは、素敵なFishing Lifeを!

ロッドビルドに関するまとめ記事はこちら。
アジングロッドのロッドビルド記事まとめ。迷ってるなら始めてみようロッドビルド。


アジングランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村