AJX5917とLGS5917でのロッドビルドを終え、まとめてネームを入れて完成へ。
ロッド性能には全く関係が無いけど、ネームが入るとグッと見た目が引き締まって愛着が沸いてくる。
ネーム入れの詳しいやり方についてはこちらの過去記事を。
ロッドビルドで見栄えにこだわるならこれ!ネームデカールの作り方

これまでは筆記体でのネームばかりだったけど、今回のAJX5917はフォントを変えてみたところ、イメージがガラッと変わった。
色の組み合わせはもちろんだけど、文字のフォントや配置によって見方が変わるデザインの世界って、奥が深くて面白い。

ただね、ネット上に転がってる星の数ほどのフォントの中からお気に入りを探すのはホント大変。
「良いな」と思っても、いざ文字を並べてみると「イメージしてたのと違うなぁ」なんてことも良くある。
色々と悩んで見つけた今回の2種類のフォントでネームを入れたロッドの御披露目です。

AJX5917 IN FIGHTER 51 titan

今回初採用したフォントは「Dodger Condensed Italic
こういうフォントにすると、一気に市販品みたいなイメージになってしまうのね。
これはこれで悪くない。いや、結構好き。

20170702_000807

20170702_000755

20170702_000736

20170702_001020

20170702_001800

2ヶ月くらいネームを入れずに使っていて素っ気ないロッドだったけど、ネームが入ると途端にカッコ良く見える。
今までは黄金アジのシルエットをポイントで入れていたけど、今回は黄金アジのスカルに変更。
骨になるまで…楽しんでいけると良いな。

LGS5917 DOMINANT55 titan

コイツのフォントはいつも筆記体で使ってるフォントの「Signerica Fat
ちょっと遊びすぎたかなー。

20170702_001239

20170702_001230

20170702_001158

20170702_001958

20170702_001405

斜めに文字入れしまくってみた。
こっちの方が落ち着いた大人の雰囲気が出てるかな。
しかしまぁ、フォントの違いや文字の配置だけでこんなにもイメージが変わってしまうなんて、思ってもいなかった。
今後も色々と遊んでみようかな。

さて、これで特性の違う3本のロッドが完成。
しばらくは自分のロッドは作らなくて大丈夫だな。

あとは、AJX5919のリールシートを変えるかどうか…
近い将来に依頼が来るであろう、釣友のフィネスロッドの為にも、リールシートだけは作っておこう(笑)

早く釣りに行きたい…
それでは、素敵なFishing Lifeを!

ロッドビルドに関するまとめ記事はこちら。
アジングロッドのロッドビルド記事まとめ。迷ってるなら始めてみようロッドビルド。


アジングランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村