17ソアレ CI4+ 500Sを購入してから実釣まで、1週間くらいは家の中でクルクルと…
先日の釣行でやっと使用することができました。

ということで、使ってみて感じた事を書いてみます。
ただ、あくまでも個人的な感想なので、スキルも人間感度も環境も好みも違う人からしてみれば、「何言ってんだこの鼻くそヤロウ」って思うかもしれないけど、適当に流し読みしてくださいな。

17ソアレ CI4+ 500Sの特徴

まずはこのリール、この番手の特徴から。

重さ:140g
ハンドル長:35mm
ギア比:5.6
最大巻上長(ハンドル一回転):69cm

500Sの番手だけは非採用の機能

NEWマグナムライトローター
コアプロテクト
X-SHIP

簡単に言うと、他の番手(C2000SSPG、2000SHG)とほぼ同じ実売価格にもかかわらず、ローター形状は一昔前のマグナムライトローターで、防水非対応で使いもしないストッパーレバーが付いていて、最新のギアシステムにも対応していない。
型番にはHG(ハイギア)は付いていないけど、実質ハイギアのギア比。
にもかかわらず、ハンドル長が35mmという短さで、巻きは重いの一言に尽きる。
でも、140gという驚きの軽さでコンパクト。

どこまで許せて何を求めるか

ディスってるように見えるかもしれないけど、ホントの事。
だから
「同じ価格なのに非採用の機能が有るなんて詐欺じゃん」
「他の番手より安っぽく見える」
って思う人は、買うのやめましょう。

次に、実質ハイギアに35mmの短いハンドル。
これ、かなり巻きは重いよ。
カスタムパーツでハンドル長を変えることもできるけど、だからといって劇的に巻きが軽くなる訳もない。
それもあってか、25cm以上のアジを掛けて巻いているときは魚が重くて巻くのが大変でしたわ(笑)
巻きの釣りがメインの人や、巻きの軽さを求める人にはおすすめしない。

でもね、自分が求めていたのは、高級感でも最新技術でも巻きの軽さでもパワーでも無い。
リール本体の軽さ。ただそれだけ。(ちょっとデザインとカラーも求めてた)
何でそんなに軽さを求めるかっていうと、ビルドロッドで40gを切るロッドを使うようになって、静のアジングが更に楽しくなったのよね。

感覚の問題だから個人差はあると思うけど、色んな情報が感じ取りやすくなった感じ。
とは言っても、「カサッ」が「カサッ」になる程度で、釣果が大きく変わる訳じゃないよ。
重さによってスポイルされていた感覚が有ったんだなーって気付かされた。
Tobbiny&Co.さんが言っている「軽さは正義」の意味が少しわかったような…
ただ、ロッドだけで更に10gも20gも軽くするのには無理があって、そこでリールも含めた総重量を軽くしようってことで、このリールの軽さが魅力的だった。

軽さ故のバランスの変化

さすがに160gのリールと140gのリールを比べると、ロッドに装着したときのバランスは変わってくる。
手持ちの重さ違いの15ストラディック、16ストラディック、17ソアレのバランス比較をしてみると…

15ストラディック
カスタム後リール重量:193.0g

20170811_001353

16ストラディック
カスタム後リール重量:156.0g

20170811_001257

17ソアレ
カスタム後リール重量:143.0g

20170811_001135

軽い分、少し先おもりがちになってしまう。
でも、致命的な先おもりではなく、そのままの持ち方でも問題ない。
持ち方を変えれば重心がしっかりと手の中に来て、リラックスしたホールド感を得られる。
普段は中指と薬指の間にリールフットを挟んで持っているけど、薬指と小指の間にリールフットを挟むように持ち替えると、中指に重心が来てベストなバランスになる。

20170811_001749

20170811_001822

ただ、オリジナルのDPSスケルトンCustomのリールシートのEVA部分に小指を添えなくなるから、リールシートの形状も少し考えないといけないな…

総合的な満足度は

まだ一晩しか使ってないので全てはわからないけど感想を述べてみると。
(ちなみに、静のアジングでの使用感。アジのサイズは18~27cm。使用ロッドは5フィート5インチで38.5g)

●デザイン
★★★☆☆
他の番手のローターと比べると、チープ感は否めない。
ただ、カラーやスプールデザインは好き。

●キャスト
★★★★★
スプール径が小さくなった恩恵か、今までよりももう一歩先に届くようになった感覚。
「あの辺にキャスト」と思ってキャストすると、少し向こう側に落ちる。

●ライントラブル
★★★★☆
無風という好条件だったこともあって、ライントラブルは皆無。
今後は巻き癖の付きやすさや強風時など、使っていってみないとわからない。

●リーリング
★★☆☆☆
とにかく重い。
でも、ハンドルが短い事によって得られる感度は捨てがたい。
静のアジングでの、「ラインスラッグを解消する為のリーリング」であれば全く問題ない。
外房方面の「巻きのアジング」では、好んで使わないリールかな。
少し気になるのは、大きめのアジを掛けたときのリーリングの重さ。
「超大物を掛けた感覚」になって楽しめるとも言えるけど、40近いマルアジやサバを掛けたら苦痛だろうね。

●軽さ
★★★★★
とにかく軽い。
ロッドが付いていないんじゃないか?と思えるほど軽い。
支える手の負荷が減るからか?伝わる感覚がわかりやすくなった。
この楽しさを求めて買ったようなもんだから、求めていた楽しさを体感させてくれた。

●ドラグ
★★★★★
リジッドサポートドラグ、ラピッドファイアドラグという機能が採用されているからか?
難しい机上論は良くわからんけど、「粘りがあって必要な時にだけしっかり出る」ドラグという印象。
ストラディックと比べると、間違いなく必要なときにしっかりと働くドラグ。
上位機種になるんだろうから当たり前か…

といった感じです。
このリールを使うことによって、釣果も快適性も向上しない。
逆に、快適性は16ストラディックの方が上だから、17ソアレで快適なアジングを求めるならC2000SSPGが良いんじゃないかと思う。
ただし、静のアジングにおける「掛けるまでの楽しさ」は間違いなく向上した。
リーリングに難有りだから、アジや外道が大きいと掛けてから苦労することはあると思うけど、掛けるまでの課程を楽しむための最高のオモチャですね。
特定のシチュエーションを楽しむために作った特化型のビルドロッドと似た感覚。
特定のシチュエーションを楽しむための特化したリール
そんな印象です。
早くこのじゃじゃ馬を使いこなせるよう、使い込んで慣れていきたい。

そんな感覚を求めているアジンガーは、きっと満足するリールになると思う。
ただし、ロッド自体が軽くてショートじゃないとあまり恩恵は無いかな。
5フィートのこのリール専用ロッドを作ってみると更に幸せになりそうな予感…
市販ロッドだと、バランスが取れるショートロッドを探すのが大変かもしれないね。

以上、超個人的な感想でした。




それでは、素敵なFishing Lifeを!



アジングランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村