こんにちは。
今日は大手キャリア(docomo、au、softbank)を使うメリットとデメリットを書いてみます。
このあたりをしっかりと押さえておけば、今後大手キャリアを使うか格安スマホにするかの判断基準になると思います。

大手キャリアを使うメリット(個人的見解)

●安定した通信速度
●故障や紛失したときのアフターサービスが充実(補償サービス加入時)
●困ったときのフォロー体制が充実(インフォメーションセンターやキャリアショップ)
※混雑していて待ち時間が長いこともある
●端末購入時に、端末代金が比較的安価で最新有名モデル(iPhone、Xperia、GALAXY等)が購入できる 

大手キャリアを使うデメリット(個人的見解)

●格安スマホと比べて、月額料金が高い
●2年縛りのプランに入らないと、更に高い
●あまり使わないライトユーザー向けのプランが少ない 

こんな所でしょうか。
最近では、イオンモバイルやYモバイルのように、格安スマホを提供している会社でも、店頭でのサービスを提供するところも出てきました。
格安スマホ会社のスマホを購入した場合には、補償サービスに加入できるところも出てきました。
いよいよ大手キャリアとの壁が無くなってきていると感じています。

簡単に言うと、「何かトラブルがあっても自分で何とか出来るよ」って言う人は格安スマホに向いていると言えます。


最終的には大手キャリアと格安スマホの月額料金差がどれだけあるのかが一番の決め手になりますかね!? 
次回は格安スマホのメリットとデメリットについて書いてみます。

 
スマートフォンランキングへ