こんにちは。
突然ですが、「お客様は神様」という言葉を聞いたことありますよね?
お客様相手の仕事をしていると、必ずと言っていいほど耳にしたことがあるフレーズだと思います。

このフレーズを聞いて、真っ先に思い出すのは三波春夫さんだと思います。
三波春夫さんのオフィシャルサイトに、このフレーズの真意について記述されています。
「お客様は神様です」について
 三波春夫といえば『お客様は神様です』というフレーズがすぐに思い浮かぶ方が少なくないようです。印象強くご記憶頂いていることを有り難く存じます。
 ですが、このフレーズについては、三波本人の真意とは違う意味に捉えられたり使われたりしていることが多くございますので、ここにちょっとお伝えさせて頂きます。
  三波春夫にとっての「お客様」とは、聴衆・オーディエンスのことです。客席にいらっしゃるお客様とステージに立つ演者、という形の中から生まれたフレーズなのです。
 三波が言う「お客様」は、商店や飲食店などのお客様のことではないのですし、また、営業先のクライアントのことでもありません。
 しかし、このフレーズが真意と離れて使われる時には、例えば買い物客が「お金を払う客なんだからもっと丁寧にしなさいよ。お客様は神様でしょ?」と、いう風になるようです。そして、店員さんは「お客様は神様です、って言うからって、お客は何をしたって良いっていうんですか?」という具合。俗に言う“クレーマー”には恰好の言いわけ、言い分になってしまっているようです。
 このフレーズへの誤解は三波春夫の生前から有り、本来の意味するところについてを、本人がインタビュ ー取材の折などに尋ねられることも多くあり、その折は次のように話しておりました。
 『歌う時に私は、あたかも神前で祈るときのように、雑念を払って澄み切った心にならなければ完璧な藝をお見せすることはできないと思っております。ですから、お客様を神様とみて、歌を唄うのです。また、演者にとってお客様を歓ばせるということは絶対条件です。だからお客様は絶対者、神様なのです』
 しかし、短い説明では足りない気がするのは、生前の三波春夫も、現在の私も、でございますが…。
 三波春夫オフィシャルブログの“三波春夫の笑顔の秘密”。サブタイトルは“「お客様は神様です」のこころ”としました。ブログは三波に関することに特化しており、その中から三波春夫という歌手がどうしていつも笑顔でいたのか、また、「お客様は神様です」と語った心にあるものは、どんな事だったのか、を見つけて頂ければという思いでございます。どうぞよろしくお願いいたします。  最後に、三波春夫自身が「お客様は神様です」と言ったことについて著述している文章をご紹介いたします。ご高覧くださいませ。
                       
株式会社三波クリエイツ 代表取締役 三波美夕紀

三波春夫さんのオフィシャルサイトより一部抜粋
 


私がこの仕事をしていて一番困るのが、この「お客様は神様」というフレーズを店員に言わせ、言うことを聞かせようとする方が未だに時々いらっしゃる事。

images


「お客様は何だ、言ってみろよ」
「お客様は神様だろ?」
「オレは客だぞ?お客様だぞ?」

企業にとって、お客様はとても大切な存在であることは間違いありませんが、「神」という存在については、宗教や哲学によって様々な考え方がある。

言葉の本当の意味を知らずに、フレーズだけ一人歩きしてしまうのは怖いもんですね。

季節の変わり目は、気温、気候の変化に体の順応が難しくなる関係で、ストレスが溜まりやすく、イライラする事が増え、クレームが多くなるみたいですね。

お酒を飲んで来店するのだけはやめてほしいものです。


スマートフォンランキングへ