こんにちは。

ゴールデンウイークも終わり、どの企業でも新入社員が徐々に現場で実践をはじめる時期になってきたのではないのでしょうか。

入社直後は、期待と不安が混じっていながらも、「がんばるぞ」という気持ちの方が強く、何とか気持ちを奮い立たせてゴールデンウイークまでやって来れたと思います。

20130321-P3210210_TP_V


携帯ショップの新人育成研修は、大半の店舗は最初の1ヶ月間は「ビジネスマナー」「サービス内容の学習」「同期や講師、先輩とのロールプレイング(擬似接客)」等を学ぶ期間として、実際に接客する事はほとんど無いと思います。
サービスやスマホの特徴など、相当な知識を頭に叩き込むわけです。

C789_keitainotepen_TP_V


確かに、色んなサービスが有ることを知りますが、そんな短期間で全てを完璧に覚えられる訳がありません。経験しながら覚えていく事がかなり多いです。
しかも、それらをどんなお客様にもわかりやすく説明するスキルも身に付けていかなければならないわけです。スラスラと。

携帯ショップ店員になって、一番苦しい時期は最初の1年間じゃないのかなぁと思います。

ゴールデンウイーク後あたりから、店頭で接客する機会が出てきます。
会社の方針や、講師の性格、職場の雰囲気など、千差万別だとは思いますが、これからたくさんの指導を受け、失敗も重ねると思います。

失敗して当たり前

さて、ここからはそんな新入社員の人たちに伝えたい。
大体の新人社員が陥る思考は
「あれができなかった」
「これがわからなかった」
「こうすれば良かった」
「何で自分はできないんだ」
というマイナスな負の思考。

だめだめ、絶対ダメ。
新人は出来ないのは「当たり前」なんだから。
当たり前の事を責めちゃダメ。

「あれが出来た」
「これが出来るようになった」
「こんなやり方もあるんだ」
「少し前進したかな」

っていうプラスの思考を持とう。
出来なかった自分が、出来るようになったんなら、自分の成長を誉めてあげなきゃダメ。

甘いって言う人もいるかもしれないけれど、これはすごく大事なことだと思う。

そして、「たくさん失敗して成長しろ」とどっしりと構えてくれる上司に恵まれることも大事。
運悪く「人として問題がある」と感じてしまう上司しか居なかったとしたら、無理する必要は無いと思う。
自分が潰れる前に辞めてしまえ。
デキる上司には必ず余裕がある。

ba583e201782ad9b925c7692ed389358


まだまだメンタル的には貧弱な新社会人。
無理せず踏ん張れ。