こんにちは。
今日は趣味のはなし。

5月11日夜~12日朝にかけて、約1ヶ月ぶりにアジングにいってきました。

これまでは、ほぼ週1で通っていたのが、
①夜のお気に入りポイントの常夜灯が消える
②いざという時のデイポイントが釣り禁止になる
③あまりにも釣れない

のと、4月の前半に人生初の「パーフェクトボウズ」を体験し、モチベーションが急降下してました。

私が良く行くのは千葉県の外房エリアですが、時々茨城や南房、内房に行くこともあります。
今回も、しばらくの間「調子がすこぶる悪い」と言われ続けている外房エリアに向かいました。

仕事が終わるのが遅くなり、自宅に着いたのが23時。
急いで夕食と風呂を済ませて出発。
本当はお気に入りの常夜灯ポイントをチェックしようかと思ってましたが、「朝マズメ一本勝負」と決めて来たので、人気ポイントの堤防先端を目指しました。

ポイント到着

焦る心を落ち着かせながらポイント到着。
車の中から堤防先端を見ると…「誰も居ない?!」
素直に喜べず、
「最近釣れてないのか?!」
「外しちゃったかな…」
と不安になり、別の有望ポイントに移動しようかと迷いが出たが、ここは前回人生初の「パーフェクトボウズ」を喰らった場所。
「リベンジ」の想いが吹き上がり、ここで心中することに。

堤防先端でジグヘッド単体用と、スプリット用のロッドを準備し終わると、餌師の方が1名来ました。

自分「こんばんはー」
餌師「こんばんはー、どうですか?」
自分「今来たばかりなんです。最近、ここの調子はどうですか?」
餌師「渋いですねー。○○港の方が調子良いみたいですよ。サイズもデカいし」
自分「そうなんですか…1ヶ月前くらいまではここも調子良かったと聞いていたんですが…渋いですか」
餌師「でも、○○港はあまり人が多く入れないからね。最近ここ空いてるから(笑)」

マズい…
外しちゃったかもなぁ…
その○○港は、移動しようか考えていた有望港。
これから向かっても場所は空いてないかもしれない。
ここでリベンジしなきゃ。

日中は吹き荒れていた南風も予報通りにおさまって、潮はやや濁りが入っているが、悪くはない。

1グラムのジグヘッドからスタート。
よほど慣れた場所じゃない限りはいつも5カウントからのスローリトリーブで探っていく。

朝マズメ

薄明るくなってきた頃に、隣の餌師にヒット!
良型のアジだ。
こういう時は焦ってしまう。
キャストして8カウント。リトリーブ開始すると同時に「クンッ」という懐かしい反応!反射的にロッドを立てるが、乗らない…

再度、同じコースにキャストし、チョンチョンとトゥイッチ後にテンションフォール…
手元には来ない、ティップだけが少し曲がる反応から、アワセると乗った!

20160512_045448


久々の感覚にテンションが上がるが続かない。
その後、2匹追加して沈黙…
隣の餌師に釣果を聞くと10匹で、餌師にもアタリなし。

マズメ時間は10分くらいでした。
その後、何気なく港内側船道のボトムをチョンチョンしていると、「ヌッ」という違和感がティップに!
アワセるとドラグが一気に鳴る!
これまでとは明らかに違う引きを楽しみ、慎重に抜き上げると…

20160512_052053


マルアジでした…
楽しめたから良いんです(笑)

今日の教訓

●このポイントで釣果を出したければキャロ用ロッドを持参すべし
●ワームカラーによって明らかに反応の差があった
(レインのケイムラ好反応)
●マルアジは、血合いが多く、身が赤っぽいが味は悪くない



アジングランキングへ