こんにちは。
6月1日夜から2日早朝まで、外房アジングに行ってきました。

今回は、常夜灯が消えてしまっているお気に入り漁港の偵察をしてから南下して行く計画にして出発。
外房北部の方で良い釣果情報を聞いていましたが、北よりの風が比較的強めの予報だったこともあり、北風予報が若干弱めの鴨川寄りのポイントで朝マズメを迎える事に。

23時半頃、常夜灯お気に入りポイントに到着。
真っ暗…ダメや…
少しだけ期待していたが、常夜灯は点いていない為即移動。
次は某有名大型港のテトラ帯をチェック。
先行者が1名いたが、始めたばかりとのこと。
北風が思ったよりも強く、右から左へとかなりラインが流されていてやり辛そう…。やめた。
キャストせずに早々に移動。

朝マズメ予定ポイントは、常夜灯は無いが、夜中でも回遊があるときがあるから早めに行ってキャストしておこうかな。

夜中から釣れてる

ということで、0時半頃には到着。
人気ポイントは先客の餌師の方々で埋まっていて皆竿を出している。
2級ポイントに場所を確保し、今日は単体のみで勝負。
まだ風が強く、右斜め前から吹き付けてくる。
時折風でキャップが飛ばされそうになる。
飛距離と沈下速度を考えて、ジグヘッドは2gをセット。

隣ののべ師のウキをボーッと眺めていると…
電気ウキがボワァーっと海中に沈んでいった。
抜き上げたのは、良型のアジ!
のべ師の浮き下は、目測3ヒロくらいかな。

アジいる!
一気にテンションが上がり、早速キャスト!
ここは水深があるのと、風の影響で沈みにくいので長めにカウントを取り、シェイクしながら巻いてみる。
反応無し。
周りを見ると、遠投サビキやカゴ釣りには釣れてない。
隣と、その隣ののべ師だけがポツポツ釣り上げている。
手前で漂わせ作戦に変更。
風はまだ強いが、ジグヘッドを1グラムに変更し、テンションフォールで探っていくと
プルンっという反応がティップに。
が、乗らない。いや乗せられない。

しばらくのべ師の独壇場は続く。
1時半頃、のべ師の反応も無くなり、辺りは静かになった。風もほぼ無風状態。

のべ師「満潮で潮止まりだぁ。30分はこねぇな。ちょっと休憩してくるぞぉ」
そう言って、駐車場の方へ歩いていった。
戻ってくるまでの約30分程は、誰も釣り上げていない。
そして、のべ師が戻ってきてからの第1投で、そののべ師は良型のアジを上げる。隣ののべ師も釣る。その隣ののべ師も…
恐るべしジモティ。

いやぁ、やっぱり毎日通ってる人の感覚って素晴らしいなと素直に思いましたよ。

アイツらがやってきた

そんな光景を眺めながら、適当に巻いていると、
「トン」と懐かしい感覚が伝わると共に、手元に重みが乗った!
久々のアジの引きを楽しんでいたら、フッと軽くなった。あーあ。バラし。

その後も1バイトあったが乗せられず、時間は3時半頃。投げサビキやカゴ釣りでもアジが上がり始めた。
自分も負けじとキャストをし、16カウント目で「ガッ」という乱暴なバイトに反射的にアワセた。
気持ち良くドラグを鳴らして上がってきたのは…

20160602_034527


まだこいつの群がいるのか…
しかもなかなかいいサイズ。
こいつのレンジよりさらに沈めればアジがいるはずなんだけどな…
キャスとして、テンションフォール中にも乱暴なバイトがある。
無視してもフッキングしてしまうことも多く、鋭い歯でリーダーを切られる事多数…
ロングシャンクのジグヘッドに交換し、カマスの層より沈めてアジを狙う。
「コン」というカマスと比べて上品なアタり。

20160602_034903


やっとアジ釣れた…

しかし、その後はカマスしか釣れず、腕の悪さを痛感しました。
4時30分にはのべ師も釣れなくなり終了。

お気に入りのタングステンのジグヘッドをカマスに3つ持って行かれたので、買い足しに行かなくては。
次は外房北部を攻めてみようかな。



アジングランキングへ