こんにちは。
今日はロッドビルドについて。

釣りにハマってる人なら、新しいロッドや違う種類のロッドに興味を持つことはありますよね?
ロッドが変わることによって、劇的に釣果が変わる事は無いですが、「楽しさ」が変わる事はたくさんあると思うんです。
所有感を満たしてくれるとか、今まで感じ取れなかった事がわかるようになる感覚的なものとか。

ロッドビルドを始めるまでは、「自分には出来ない敷居の高いこと」という認識が強く、なかなか手を出せずにいました。
道具を揃えるのに結構お金が掛かるとか、専用の工具が必要なんじゃないかとか、器用な人じゃないと無理だとか、色んな前情報で躊躇してる人って意外と多いんじゃないかなと思います。
確かに、工具を揃えるのに多少は費用がかかります。
器用に越したことはありません。
それなりの時間もかかります。
ただ、市販品には無い特別な所有感と愛着、自分好みに作れるから益々釣りが楽しくなったのは間違いないです。
修理するスキルも身につきますよ!
20160911_110611

20160911_105758

20160911_105723

20160911_105918

20160911_105943

今なら、高価な市販品を1本買うくらいなら、自分好みのロッドを2本作りますね!
「ビルドをしてみたいけど、周りにやってる人も居ないし不安だな」
「ロッドビルドに必要な物って何なの?」
と思ってる人に、なるべく安価に始められる必要な工具やパーツを紹介します。

今回は「必要なモノ編」
あくまでも「自分流」なので、自己責任でお願いします。

必要なアイテム


●ハンドロッドラッパー
ロッドにスレッドを巻く時の補助具。スレッドのテンションを自由に調節できるので、スレッドを巻いてる途中で休憩などもできるので、自分は重宝しています。
【自分的必要度★★★★☆】



●フィニッシングモーター
ロッドのコーティングをするときに、ゆっくりと回しながら乾かす為のアイテム。乾くまで回し続けるので、コーティングのむらや偏りを防ぐ。これは絶対に必要。
【自分的必要度★★★★★】



●フレックスコート ライト(低粘度)
スレッドをコーティングする為のコーティング剤。
個人的には粘度が高すぎず低すぎないタイプが塗りやすいと思います。
一度のコーティングで仕上げたい場合は高粘度タイプ、複数に塗り分けで仕上げたい場合は低粘度タイプがオススメです。
【自分的必要度★★★★☆】



●エポキシ薄め液
余分なコーティングやエポキシを拭き取る時や、コーティング後の筆を洗う際に使用。
【自分的必要度★★★☆☆】



●エポキシ 接着剤
グリップ部やエンド部をブランクに接着する際に使用。
【自分的必要度★★★★★】



●伸縮チューブ
ガイドの仮止めをする時に有ると大変便利。マスキングテープなどでも代用できますが、チューブを使うとガイド位置の調整時の移動も楽チン。バット~ベリー~ティップの太さに合った数種類用意しておくと便利。
【自分的必要度★★★★★】



●マスキングテープ
エポキシやコーティング剤のはみ出し防止や、ブランクのスパイン出しの時のマーキングなどに使用。
【自分的必要度★★★★☆】



●引き鋸
ブランクを好みの長さに切断したり、グリップ部のEVAを切断したり、フード部のスクリュー部を切断する際に使用します。百均のモノでも何とかなるが、刃が柔らかすぎて使い勝手は微妙。
【自分的必要度★★★★☆】



●耐水ペーパーセット
切断した箇所のバリ取りや、EVAを削るときに使用。数値の小さいもので削ったあとに、数値の大きいもので仕上げる。
【自分的必要度★★★★☆】



●カッター
EVAを削る前に、ある程度カッターでカットしてから耐水ペーパーで削ると効率が良いし、細かい削りカスも最小限に抑えることができます。
【自分的必要度★★★☆☆】



●カッターマット
カッターや鋸を使うときに、机を傷つけないようにする為に敷くもの。他の物でも代用できますね。
【自分的必要度★★★★☆】



●電動ドリル
チタンティップとブランクの結合部の、チタンを削るときに有ると便利です。無いとかなりの時間と労力がかかります。
先端を色々変えられるので、ドリル、ドライバー、サンダー、研磨等、色んな用途に使えます。
【自分的必要度★★★☆☆】



●ナイロン平筆
スレッドをコーティングする際に絶対に必要。太さは、大中小とあると、トップガイド部などの細かい部分からエンド部などの大きい部分まで使い分けられて良いと思います。使い終わってすぐに薄め液で洗浄すれば使い回しもできます。前はダイソーで5本セットが100円で売ってたんですが、最近見かけなくなりました…。
【自分的必要度★★★★★】



●ミキシングカップ
コーティング剤を混ぜるためのカップ。ダイソーで売ってるプリンカップでも良いですが、大きすぎるとコーティング剤をたくさん使わないといけないので小型がオススメ。これは使い捨ての消耗品として使ってます。
【自分的必要度★★★★☆】



●テプラ ラベルライター SR3900P
ロッドネームやスペックを入れるために必要。PCに接続して利用するタイプのテプラなので、PC無いと使えません。比較的高価だが、自分で作ったロッドにネームやスペックが入ると、見栄えも良くなり満足感が違います。
友人と共同購入などが良いかもしれないですね。
もしくは、持ってる人に作ってもらうとか!
ネーム入れをしない場合は不要です。
【自分的必要度★★★★★】



●クリアデカール
テプラのカートリッジに挿入してデカールを作成するために必要。ネーム入れをしない場合は必要ないです。
【自分的必要度★★★★★】



●テプラカートリッジ 白文字
デカールを作る際のカートリッジ。黒いブランクなら白文字や金文字が映えます。大事なのは、テープの色ではなく、文字の色です。ネーム入れをしない場合は不要です。
ブランクに塗装をしない場合は、基本的には白文字が映えます。
【自分的必要度★★★★★】



●水性トップコート(光沢)
貼り付けたデカールの段差を隠すためのクリアトップコート。仕上がりがキレイになります。
ネーム入れをしない場合は不要です。
【自分的必要度★★★☆☆】



●その他有ると便利なアイテム
ピンセット、綿棒、マイナスドライバー、定規、アロンアルファ。

上記には、無くても何とかなるアイテムも入ってますが、有ると便利なアイテムです。
これらがあれば、ビルドをしなくてもロッドの修理やオリジナルの調整等もできます。

次回は、ロッドビルドに必要なパーツを紹介しようと思ってます。


アジングランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村