アジングを楽しむ上で必要不可欠なワーム。
このワームの種類やカラーって、各メーカーから似たようなものがものすごくたくさん出てますよね。
一体何が違うんだと。

キャッチコピーを見ると、「特殊な波動がアジへのアピール抜群」とか、「これまでにない動きを実現」とか、何だか見ているだけで釣れそうな気になっちゃったりして…(笑)

「波動」って、オカルトちっくな匂いしかしないのは自分だけ…?
「テールがプルプル動くから、アジへのアピール力が高いよ」って言ってくれた方が納得できる。

まぁ、信じるも信じないも購入する人の自由ですが、アジングを初めてやろうとしている人からしたら、何がなんだかわかんなくてジグヘッドと同様にすごく悩むところだと思う。

なので、今回はアジングワームの形状や特徴について、自分なりに簡単にまとめてみました。

■目次

 ▶アジングワームの形状
 ▶アジングワームの長さ
 ▶アジングワームの色

■アジングワームの形状

レインズ チビキャロスワンプ
チビキャロスワンプ / レインズ
ストレートタイプ

レインズ アジリンガービクトリー
アジリンガービクトリー / レインズ
シャッドタイプ?ほぼストレート

レインズ アジアダー
アジリンガー / レインズ
ストレートタイプ

レインズ アジマタシャッド
アジマタシャッド / レインズ
 シャッドタイプ?ほぼストレート
 
アジングで使用するワームの形状は、殆どがストレートタイプ。
稀にシャッドタイプとか、カーリーテールも見るけど、外房エリアでは本気で使ってる人は見たことが無い。あとは、突起物が出てるワームとかね。興味ないけど。
最近はプロペラ付いてるワームもあるよね。今度ネタで試してみようかな。

基本的には、アジが居るところにワームを投げることが一番大事であって、ワームがアジにアピールできるかできないかは、最終的には色なんじゃないかと思ってる。
色以外のアピールは、動き(アクション)で何とかできそうだから。

なので、ワームの形状で揃えておきたいのはリブの深さの違う種類。
上の4つの中ではアジリンガーが一番リブが深い作りになっている。
リブが深い方が水の抵抗を受けやすい。
ということは、リブの浅いタイプと比べて操作感が向上するし、フォールのスピードも気持ち遅くなる。

例えば、0.6gのジグヘッドにチビキャロスワンプを付けたけど、「リグの存在を感じ取れないから0.9gにしようかな」っていう時に、0.6gのジグヘッドのままでアジリンガーを付けると、リグの存在がわかるようになるかもしれない
フォールスピードを早めたい場合は、ワームはチビキャロスワンプのままでジグヘッドを0.9gに変えた方が良いけど、操作感を向上したくて、更にフォールスピードを落としたくないとか、気持ちゆっくり沈めたいっていう時には、ワームをアジリンガーに変えて、ジグヘッドは0.6gのまま変えないっていう選択肢もあるということ。

操作感に関しては、最終的には人間感度によって異なるけど、人間感度も経験で向上できる

じゃあ何でシャッドタイプを2種類持ってるかって?
ネタですよネタ。「コレでも釣れたよー」ってやるためです。コレ大事!
遊びを入れるのも楽しみの1つ。

目次にもどる

■アジングワームの長さ

1.5インチから2インチが標準的。
個人的には2インチがベスト。
キャロライナリグやスプリットリグの場合は小さくする事がある。

もっと長くても喰ってくることはあるけど、フッキングしにくくなると感じる。
長さよりも、素材?質感の方が大事で、柔らかい方が吸い込みが良く、フッキングしやすい。
自分の愛用しているレインズのワームは柔らかくて食い込みはとても良いけど、数匹釣ったらワームが切れたりボロボロになってきて、交換しないとすぐにジグヘッドからズレるようになる。

目次にもどる

■アジングワームの色

アジからワームがどう見えているか。
こればっかりはアジになってみないとわかんないけど、色々な研究の結果で、魚の種類によっては色盲の魚もいれば、この種類の魚は色が見えてるんじゃないか?と言われていたりするらしい。
ホントのところはそのうちアジに聞いてみるとして、個人的に押さえておきたいカラーは3つ。
  • グロー系(夜暗いところで使う)
  • クリアケイムラ(紫外線発光)系(明るい時や、常夜灯の下で使う)
  • 薄いピンク~茶色系(沖アミ系の色)
ただし、グロー系を使うと一発でフグにかじられる様な場面では、グロースポット(ワームの中にグローの粒々が入ってるヤツ)にしてアピールを少し弱めて、被害を抑えるようにしている。
自分の愛用しているレインズで言えば、「グローオキアミパワー」は、グローと茶色系を兼ねているのでこれ1個と、グロースポットの入っているクリアケイムラ系「夜な夜なブルー」等を1個の計2種類で成り立っている。

目次にもどる

まとめ

自分の浅い経験からの感覚なので、他にも色んな考えはあると思う。
考えれば考えるほど、奥が深くなり、楽しさも倍増するのが趣味だからね。

その時、ワームに何を求めるか?
  • 操作感
  • アピール力
  • 遠投性
  • 沈下速度
まとめると、その時の状況によって求めるものは変わってくるけど、アジの目で、ワームの形で「バチ」「アミ」「小魚」と区別出来ているか?は疑問なところ。
アクションとカラーで、その時にアジが補食しているベイトに合わせてやれば良いんじゃないかと思う。
  • バチ(ゴカイのような生き物)っぽい動き
  • アミっ(エビのような生き物)ぽい動き
  • 小魚っぽい動き

なので、最終的には、ロッド、ジグヘッド、ワームのバランスと、釣り場の状況によって変えて対応していくしかないけど、ストレート系が一番万能に合わせられる

色んな種類のワームがどんどん発売されているので、今後も色々試しながら、自分なりの答えを追求していこうと思う。 
現時点の自分のおすすめは【アジング】おすすめワームランキング【個人的】 をご覧ください!

それでは、素敵なFishing Lifeを!

 

アジングランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村