パーツの到着から数日経ってしまったが、ロッドビルドが手つかずのまま。
横浜アジングで釣ったたくさんのアジをさばいて、疲れ果てて寝てしまったり、仕事後に釣友からヒイカ調査に誘われたり…。
近所のヒイカ調査は不発に終わったけど、突発的に気兼ねなく釣りに行ける関係は良いもんだと改めて考えながらお酒を飲んでいると、ビルドせずに寝てしまったり…。
パーツを並べて「あーでもない、こーでもない」と考えていると、当初の考えからコンセプトが変わってきたり…。

ということで、久々に時間ができたのでロッドビルド開始!
まだ完全に構想が固まっていない部分もあるので、まずはリールシートの作成から。

スケルトンパイプシートは今回初めて扱う事になる。
元々の重さを測ると、このパイプシートのパーツだけで18gもあるのね…。
あんまり軽量化はできそうにないけど、ちょっと「自分らしさ」を出した仕上がりになるよう、小細工しよう。

今回使用したロッドビルドパーツ

① スケルトンパイプシート KSKSS16
20161028_233442

 左から
② KNフード用カーボンパイプ専用トップリング(ガンメタル) K-16LRZ
③ KSKフード用メッシュカーボンパイプ(艶消し) CB-K17SSM 20mm
④ KSKフード用カーボンパイプ専用ボトムリング(ガンメタル) KSK16用
20161028_233535

⑤ 濃密超高感度スーパーハイブリッドアーバー SHBA15-6
20161028_231635

⑥ 汎用型ワインディングチェック(ガンメタル) HTWC-B サイズ:13.5
20161028_233354

上から
⑦ カーボンパイプ(艶消しブラック) 内径15mm×外径17mm
⑧ ジャストエース カーボンパイプ(メッシュ柄) 内径13mm×外径15mm
※この2点は今回購入していない。以前のロッドビルド時に余っているものを使用。
20161103_214351

カーボンパイプの切断

まずは、ブランクタッチしやすいように③のフード用カーボンパイプを切断する。
元々20mmあるので、半分の10mmの部分に、目印と養生を兼ねてマスキングテープを貼る。
20161103_135935
 
20161103_140233

引き鋸で丁寧に。最初は一回り分少し削って溝を作るようにしてから切ると、綺麗に切れる。
20161103_140446

20161103_141609

切断部分はバリが残っているので、フラットにする為に120番の耐水ペーパーで綺麗になるまで磨く。
20161103_141639

20161103_141807

綺麗になったらカーボンパイプ切断は以上で終了。

リールシートのフード部切断

次は、リールシートのフード部分も余計な部分をカットする工程に。
カーボンパイプをはめてみて、余っている部分をマスキングテープでマーキング。
この時、②や④のリングは装着しないこと。
20161103_142342

③のカーボンパイプを外し、切断時に傷が付かないようにその他の部分をマスキングテープで養生する。
20161103_142538

引き鋸で丁寧に。カーボンと比べて柔らかいので、切りやすい。
20161103_142731

20161103_142954

切断部分はバリが残っているので、カーボンパイプと同様に120番の耐水ペーパーで綺麗になるまで磨く。
20161103_143051

20161103_143407

これでフード部の切断も終了。

スクリュー部の切断

次は、スクリュー部の切断。
今回は、スクリュー部を18mmで切断するので、切断箇所にマスキングテープでマーキングし、その他の部分も養生する。
20161103_144432

引き鋸で丁寧に切断する。
20161103_144555

切断したら、バリを120番の耐水ペーパーでフラットにする。
20161103_144850

20161103_145532

スクリュー部の切断もこれで終了。
組んで見るとこんな感じ。
20161103_145723

アーバーの加工

次は、⑤のアーバーの内径を広げる作業。
元々のアーバーの内径は6mmだけど、今回のブランクのリールシート装着部は、6.5mm程度の予定。
なので、6.5mmのドリルを使用して、内径を少し広げてあげる。
20161103_145954

20161103_150253

貫通したら完了。
スーパーハイブリットアーバーになって硬くなったので、加工も苦労するかと心配したけれど、意外と削りやすくて加工も簡単だった。
微調整が必要な際は、ブランクに装着時にやすりで削れば良い。
20161103_150443

カーボンパイプの加工

次はカーボンパイプの加工。
⑧のカーボンパイプを前述の切断方法で93mmにカット。
⑦のカーボンパイプを同様に10mmでカットし、切断したスクリュー部と、⑥のワインディングチェックをエポキシで接着する。
20161103_211114

先ほど加工した⑤のアーバーを、①のスクリューが付いていない方のパイプシート内に、エポキシで接着する。
20161103_211138

これまでに使用したパーツの見取り図は下記のようなイメージ。
20161103_155527

組んでみると、こんな感じになる。
20161103_211422

ここが自分のこだわりどころ。
少し重くなっちゃうんだけど、スクリュー部が丸見えになるのは好きじゃない。
ツラいちのセッティングにこだわるのも、リールの変更に対応できない場合もあるし。
見た目も自分のこだわりを入れられるのがロッドビルドの良いところ。
発想次第でデザインもまだまだこだわれると思う。
20161103_211809


ということで、今回はリールシートの作成までで終了。
のんびりすると思うけど、完成するまで手順をアップしていきます。

「おっ、これくらいならできそうかも?」と思ったら、始めてみては?
ロッドビルドはFishing Lifeを更に楽しくしてくれること間違い無し!
全力でおすすめします。

ロッドビルドに関するまとめ記事はこちら。
アジングロッドのロッドビルド記事まとめ。迷ってるなら始めてみようロッドビルド。


アジングランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村