本来ならロッドビルドの最後の仕上げの行程であるロッドネームやスペックの貼り付けだけど、今回は急遽依頼があり、作成することになったので、先に紹介することにします。
この機会に自分のも作っちゃえば後々楽だしね。

このネームデカールは、ロッドビルドをするにあたっては無くても全然問題無い。
性能が変わるわけでもないしね。

ただ、ネームが入っているかいないかでは、見栄えも全然違うし、ロッドへの愛着が違う!
「見栄えなんてどうでも良くて、性能さえ自分好みならそれだけで良いよ」っていうアングラーも居るし、これはお好みでどうぞ。
自分はやっぱり見た目にもこだわりたい軟派なヤツなので…。ネーム入れはおすすめする!

ネームデカールを作成するのに必要なアイテム

 ① テプラ プロ SR3900P
20161105_082238
 
②  テプラ ラベルカートリッジ(白文字 18mm)
20161105_231606
 
③ クリアデカールシート
20161105_231534

④パソコン 

デカールラベル作成

 テプラのラベルだけだと、デカールは作成できない。
まずは、デカールシートをテプラのラベルに組み込む為に、デカールシートをテプラのラベルと同じ18mmにカットする。
18mmのポイントにシャーペンでマーキングして。
20161105_232837
 
20161105_232743
 
定規をあてて、カッターでカット。ポイントは、金属製の重みのある定規を使うとずれにくい。
あとは、カッターの刃は、新品の切れ味の良い刃にしておかないと、綺麗にカットできないので注意。
20161105_233042
 
20161105_233057
 
これで、テプラのラベルに組み込むデカールシートは完成。

テプララベルカートリッジの分解

 デカールシートをテプララベルに組み込む為に、カートリッジを分解する。
赤丸で囲った部分に爪があるので、切断する。
写真は、すでに切断している画像。
42
 
16
 
マイナスドライバーで隙間を開けて、少しずつ捻って開けていく。
20161105_232216
 
ドライバーを捻る。 
20161105_232243
 
少しずつ、全体の隙間を広げていく。強引にやりすぎると、爪が折れたりテープを傷つけてしまうので丁寧に。
20161105_232315
 
ここも捻って隙間を開ける。
20161105_232358
 
そしたら透明のカバーが外れる。
20161105_232424
 
テープ中央のスプリングと、その右上のワッシャーを取る。無くさないように注意。
20161105_232442
 
テープを取る。これでカートリッジの分解は終了。
20161105_232539
 

デカールラベルをテプラカートリッジに組み込む

 テプラのラベルの先端裏側に、カットしたマスキングテープを下図のように貼りつける。
20161105_233319

はみ出した部分のマスキングテープに、カットしたデカールラベルを貼りつける。
デカールラベルの裏側の白い方を、テプラのラベル幅にピッタリと合わせて貼りつける。
20161105_233345
 
表面を見るとこんな感じ。デカールラベルの表側は、少し水色っぽい色。
20161105_233357
 
デカールラベルをテプララベルにクルクル巻いて収納する。
20161105_233439
 
元通りに、カートリッジに納めていく。
20161105_233559
 
スプリングとワッシャーも忘れずに。
20161105_233616
 
透明のカバーをはめたら、デカールラベルの組み込みは完了。
20161105_233735
 
これを、本体にセットする。あとはデザインをパソコンで作るだけ。
20161105_234013
 

ネームデカールのデザイン作成

 テプラ プロ SR3900Pを購入すると、パソコン用のソフトも付属で付いてくる。
そのソフトを使って、好きなネームを自分で作成する。
フォントは、最初からパソコンに入っているフォントだとつまらないので、フリーフォントをインストールして、自分好みのフォントでネームを作成する。
フォントは探し出したらきりが無い。一例を載せてみる。
20161106_002047
20161106_001848
20161106_001221
20161106_001349
20161106_001523
20161106_001600

と、フォントは選び放題。
デザインと文言が決まったら、後は印刷するだけ。
20161106_002824
 
白文字だから、何書いてるかわかんないけど、これをカットして、水に浸してからブランクに貼りつける。
プラモデルのデカールを貼った事がある人ならば、イメージは沸くはず。
ブランクは黒だから、白文字がしっかりと表示されるので心配なく。

貼りつけやコーティングの工程は、今のロッドビルドの工程の中で紹介します。

このテプラ本体は、【アジングロッド】はじめてみよう!ロッドビルド(必要なアイテム編)【誰でもできる】でも紹介の通り、少々高価。
友達と共同購入や、すでに持っている人に頼むなどするのも良いかも。

ネームを入れるのと入れないのとは、所有感が全然違うので、せっかくロッドビルドしたのなら、ネーム入れをすることをおすすめします!

20160901_090856
 
20160911_105723
 
20160118_231224
 
20160118_232634
 
それでは、素敵なFishing Lifeを!


アジングランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村