寒くなりました。
地域によってはシーズンがはっきり分かれているようですが、外房アジングは年中無休。
真冬のナイトアジングでも、防寒対策をしっかりしていれば寒さに負けずにアジングを楽しめる。 

個人的におすすめな防寒対策というか、防寒着を紹介します。

インナー

インナーに関しては、上も下も全てユニクロ。
 最近発売された「超極暖」ヒートテックウルトラウォーム。
体から 出る水蒸気を熱エネルギーに変えて、その熱を外に逃がしにくくしつつ、余分な湿気は外に出して蒸れを防ぐと。

何か良いことばっかり書いてるけどいざ試してみて納得。コレは暖かい。
これまでのヒートテックと比べると 厚手になったけど、冬のアジングには絶対試してみた方が良いおすすめ品。

ちなみに、ヒートテックは「じーっとして動かない」時の防寒対策にはお勧めできないですよ。
動いて体から出る水蒸気を熱エネルギーに変えるから。
じっとしてても暖かいのは、光電子とかだけど、まだまだ高価ですよね…。

まだまだこれから寒くなるけど、去年よりは絶対に暖かく快適になること間違いなし! 
クルーネックTとタイツがあるので両方使ってます。
ユニクロ ヒートテックウルトラウォーム

ミドラー

インナーの上に着るもの。
アウターとインナーの間に着るものをミドラーと言う。
これは基本的にはスウェットを着ます。

そして、その上にインナーダウンを着用。
インナーダウンは、襟が無いものを選択しないと首もとがゴワついて苦しくなる。
ユニクロで言うとこんなヤツ。
ユニクロ ウォームパデット ミリタリージャケット


これだけでも十分暖かいけど、北風がピューピュー吹いてる明け方なんかはたまらなく寒いですよね?
そんな時は、インナーダウンの上に更に防風のコイツを。
生地の中に防風シートが入っていて、風をシャットアウトしてくれる。
これは着膨れするけど本当に風を通さなくて暖かい。
ユニクロ ブロックテックシルキーフリースジャケット

もちろん、ヒートテックウルトラウォームのタイツの上には同じ生地のコイツをはく。
ユニクロ ブロックテックフリースパンツ 

アウター

基本的にアウターはオールウェザーを選択。
予想外の雨の時でも比較的防水性が有り、雨が染み込むことは無い。
土砂降りだと厳しいけど…そんなときは素直にレインウェア着るか、釣りをしないか。

個人的におすすめなのは、マズメのオールウェイザースーツ。
ボア付きの襟高で首もとは暖かいし、手首とウエストにはウインドガードが着いていて風の侵入を防いでくれる。
そして、何気に良いのが脱着式のサロペット。
風が有る時って、しゃがんだときに背中からスースーと風を感じる時はありませんか?
サロペットにしておくと、背中からの風の侵入も防いでくれて暖かい。

靴下

意外と大事な靴下。
これもヒートテックソックスを愛用。
ユニクロ ヒートテックソックス

足下の暖かさはとても重要で、冷えてしまうと体全体が冷えてしまった感覚になります。
蒸れると冷えたときに逆に冷たくなるからなかなか難しいですが、このソックスは釣行時に関しては感じたことは無いです。個人差も有るでしょうけどね。
「オマエはユニクロの回し者か?」と思われるかもしれませんが、決してそんな事はありません(笑)
ただ単に、一カ所で揃えたいだけの面倒くさがり屋です。

テトラ帯に行くときと、堤防に行くときとで履くモノは変わりますが、テトラ帯に行くときはフェルトスパイクを愛用。
今回は、堤防用の防寒ブーツはノースフェイスのヌプシ ブーティ ウォータープルーフの紹介。

  足先が冷たくなってしまうと、他でどんなに防寒をしていても身体の芯まで冷え切った感覚になりますよね?
このブーツは今シーズンから履いているけど、全く寒さを感じない。
さすがノースフェイス。
しかも、雨が降っても染みてこない。
今までは、靴下にホッカイロ貼ったりして、何とか寒さをしのいでいたけれど、このブーツにしてからはホッカイロともお別れ。
今のところ不満点は見つからない。

グローブ

冬の必需品。
以前の記事でも紹介したパームレスグローブ。
  当たり前だけど、ロッドを持った感覚は素手と変わらない。
使ってみて思ったことは、手の甲は全然寒くならないし、手のひらは寒さを感じない。これが光電子ってやつで、「動かなくても暖かい」ってヤツなんだね。
でも、やっぱり指がキツい。
こればっかりは冬は仕方ないけど指先ギリギリまで覆ってくれるタイプの方が、暖かさは感じるね。

以上、個人的おすすめリーズナブルな防寒対策でした。
ちなみに、自分は比較的寒さには強い方です。

それでは、素敵なFishing Lifeを! 


アジングランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村